私の脱毛はじめて物語

小さい頃から毛深かった私。初めて脱毛という脱毛をしたのが小学5年の時です。いとこのお姉ちゃんに教えてもらい見よう見まねでカミソリで腕毛、足毛を剃ってみました。そしたら案の定、切りまくって結果血だらけで親に止められて終わりました。これが私の脱毛はじめて物語。。思春期になると、脱毛テープを1週間に一度はしてました。今みたいに脱毛テープも性能が良くなかったのでブツブツになり、またやめました。多感な時期に、毛深かったことは本当にショックで男子からも冷やかされるしとても悩みました。その後は、見えるとこだけカミソリで、脇は毛抜きでやるに落ち着きましたが彼の前ではいつもヒヤヒヤでした。脱毛に通うお金もないので、プールに行こうものなら前日から友人と処理のしあいっこをしていたくらいです。あと私は今更ですが毛抜きで抜くはオススメしないです。毛穴が絶対広がった気がするし、大人になった今でも広い気がします。あと抜くのに失敗すると毛穴に毛が埋まって本当にひどい見た目になります。何度ピンセットで皮膚を突き破ってだしたことか。同じ失敗経験した方多いと思います。本当に夏が大嫌いな女の子でした。そして現\xBA

澆任垢❶∀討搬④❺張襯張襪瞥⎿◀魏L椶法∈G唎海愁汽蹈鵑膨未ĽΔ塙佑┐討い泙后◀い張廖璽襪帽圓辰討眤臂翩廚砲覆蠅燭い掘~討眤膵イ④砲覆蠅燭い任后◀笋辰僂蟷笋侶亳馨紂⊆ɔ塀萢鈇亘榲槪縫Ś好好瓩靴泙擦鵝⦿◀話μ咼汽蹈鵑眄里曚氷發唎發覆い掘⇒Φい鮟个靴謄汽蹈鵑惺圓辰討澆茲Δ隼廚い泙后◀④辰反誉己僂錣襪呂此\xAA